2008年2月アーカイブ

続けて、この1冊で写真展巡りも開催も準備万端!

というのが、今号のPHaTPHOTOのショルダーコピー。

つまり、

おススメのギャラリー&カフェを独自取材、この1冊で写真展巡りも開催も準備万端!

というもの。

編集部で作ったのだけれど、上手くいい切ってるなーと満足している。

この1冊でかなりのギャラリー通になれるのでは?

今号は、最初のY-GENERATIONの写真で思わずふきだし、

(可笑しくないですかこの写真、代理店のディレクターからカメラマンに転職したマット・ホイルの作品)

そのまま楽しい気分で読んでいけるのが心地いい。

連載の中では、

長い時間をかけて読者と共に作り上げてきた「未来企画」のバッグもついに完成!

このトート型オリジナルカメラバッグは既に申し込みを開始している。

チエックしてね。

http://www.phatphoto.jp/artisan-artist/index.html

 

ところで、アマナの進藤社長にMichael Hoppen Galleryの

マイケルとサイモン両名を紹介された。ロンドンのギャラリーとしては

最大手の一つ、とか。

今後ヨーロッパにおいて、日本の写真に最も強いギャラリーになりたいということで

紹介され、話を聞いてきた。

これからのことになるが、PHaTPHOTOという雑誌が媒体となって

若い写真家の作品をヨーロッパへと広げられるかもしれない。

http://www.michaelhoppengallery.com/

写真を志す人の未来を明るくしていける一つになるなら、

こちらにも力をそそいでいこうと思う。写真の二人がそうだ。

向かって左がマイケル氏、右がサイモン氏。パリフォトにブースを出すから来てね!と言われた。

ホッペンギャラリー.jpg

 

 

 

 

 

アドビさんのライトルーム講習会(そういえば、昨日CS3を買ったばかり)

に行ってきた帰り、書店にて新しいファットフォトを目にする。

創刊から数えて44号目、命をかけて作っている雑誌だから

あらためて書店に並んでいるのを見るとジーンと来る!

人は誰もが、与えられた寿命を1日1日と使っていくわけだけれど

その使った寿命を何に変えていくのか、寿命と置き換えられるものが、生き様となっていくのだろう。

生きているって、寿命そのもののことじゃなくて、

寿命と置き換えに残したもの、生み出したものなんだと思うこの頃。

 「おまえは自分の毎日を、何に置き換えているの?」と聞かれたら

迷うことなく「ファットフォトがその一つだよ!」と胸を張って言いたい。

読んで欲しいな、今度の号。

ファットフォトのHPや書店で見て欲しいけど、たいへんに読み応えある雑誌になっています!

杏が表紙だよ!全国ギャラリーガイドが付録!

 

それから、

久しぶりに今度増刊号を出します!いまその準備の真っ最中。

3月19日発売、特集は「写真展、うまくいくヒント」。

仮のタイトルだけど、写真展を成功させるノウハウをファットフォト流で織り込みます。

 写真展開きたいけど、どうしたらいいの?っていう人に向けて

一生懸命作っています。

それともう一つ、

3月20日(祝日)ビッグサイトで行われるフォトイメージングエキスポで

特別講演を行います。タイトルは、

テラウチマサトの考える映像表現 「”感動”と”興奮”の撮り方」 

講演は無料だけれど予約が必要です。

下記サイトから予約の上、来てください。足を止めさせる、写真の撮り方について語ります。

http://www.photoimagingexpo.jp/special.php

講演の締め切りは3月10日です。お早めに!明日からまた出張です!

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2008年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01