2008年8月アーカイブ

今度の「PHaT PHOTO」ご覧になられましたか?

若き挑戦者たちの日常と仕事を徹底取材。

写真家へと育っていくプロセスを特集しています。

好評とのこと。書店で見つけてくださいね。

ギリギリまで頑張った人にのみ開かれるドアの向こう側を取材しています。

「ダメだ!と思ったときにやめると、次のダメだにも勝てない」と記事から教わりました。

藤代冥砂が飾ることなく自分の修行時代を書いてくれました。

淡々と書いてくれた藤代冥砂という人間性の高さを感じました。

表紙は、永作博美さんです。

「さよなら」ってイメージで撮りました。

予告どおり、8周年目に僕らは新しい「PHaT PHOTO」をつくります。

だから、ふっといなくなるイメージの撮影。

一つの区切りです。

 

いつでも青春時代のような会社がありますが(僕の中ではアップルがそうです)

新たなことにチャレンジし続けていく編集部でありたいです。

今号に出てくれた人たちのように

僕たちもまた理想を探している者たちの集団でありたいと思っています。

そんな人たちの日常は刺激的で面白い。

写真家に成りたいと思っている人には特集、参考になります。

 

キヤノンサロンで9月3日まで開催の武田正彦写真展

「20年目のパリ」を見に行こうと思っています。パノラマで撮られたパリの風景に哀愁を感じました。

秋に見るに相応しいと思っています。(この後、名古屋、札幌、梅田と巡回していきます)

期待大です。

いよいよ、というか、待ちに待ったというか、明日から

弊社シー・エム・エスは、全社を上げて夏休みに入ります。

(17日までです)

既に今週の月曜から夏休みに入っている会社から比べると

2日遅い夏休み突入です!!!

楽しみ!やりたいこといっぱいあるのだけrど、

スケジュール見たら、もう明日、朝8時から撮影の予定になってる!?

って、休みじゃないんだ!

ということで、並みの人は、人が休むときに働いて一人前なのです。

(正直に言えば、明らかに負け惜しみ、です)

7月29日から渋谷のギャラリールデコにおいて

「ポートレート専科 2008」という企画展が開かれている。

魚住誠一主催の下、萩庭桂太、常盤響を筆頭にして、若手フォトグラファー16名が

集ったポートレート専門の写真展。

魚住さんが毎号表紙を撮っている「月刊カメラマン」が協力し、

TAMRON、I・O DATAなどが協賛している写真展。

そこに、僕も魚住リクエストで参加している。

オープンパーティの初日、ラスト5分に会場を覗いただけで

なかなか会場には行けてないのだが

今日は、18時からその会場でトークショーだった。

昼にインタビューを受けていて、その重要な事実を思い出した。

インタビューというのは、テキサス出身、現、上海在住、

日本に8月18日まで出張しているという

フォトグラファー&デザイナーという肩書きの男性によるものだった。

彼がもっと写真が見たいというので、

そういえば写真展やっていたはずということで

ルデコでのトークショーを思い出したというわけ。

(僕にはしっかりしたマネジャーがいるので、僕がたとえ忘れていても

すっぽかすことはないです、念のため)

予定では、魚住さんとキャパの表紙を撮っている土屋さんとテラウチという

写真雑誌の表紙をレギュラーで担当している3名のフォトグラファーが

集まってトークの予定。

ルデコの写真展会場にて18時から。

よかったら来てね。

入場無料。写真展は8月3日まで。

下の写真展は、そのオープニングパーティで「キャパ」編集長の石田さんと。

僕は「デジキャパ」に連載を持っているのだが、石田さんの口利きで

その企画はどうやら実現したらしい、と聞いていたので

御礼にいっての記念写真。

いしだたつおさん2ショット.jpg

 

 

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年7月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01