2008年11月アーカイブ

真っ黒になってタヒチから戻りました。

12月のような寒い東京に、日焼けサロンで焼いたように黒々とした顔は

(背中は皮が向け始めています)

いまの不況風吹く状況においても、場違いな気がして恥かしい日々です。

昨日、ハウススタジオでの撮影の合間に、

アシにタヒチ記念の真っ黒い顔を撮ってもらったら、

あまりに黒くて背景の暗闇に溶け込んでしまいびっくりです。

もう一つ驚いたことがあります。

タヒチから帰ってきた日、原宿に長蛇の列が出来ていました。

その理由は、H&M原宿店のオープン。

そう、へネス&マウリッツに入るための列でした。

世界のSPA(製造型小売業)では、GAP、ZARAに次いで業界第3位の小売店。

その長蛇の列を引き起こす魅力や秘密は何でしょう?

明日から日曜まで、日本の南国、宮崎に出かけます。

帰ってきてもなお長蛇の列が続いているのでしょうか?

「PHaT PHOTO」が学ぶこともあるかもしれません。気になります。

 

 

何の意味も感じられない普通のタイトル。

PHaTPHOTOでこんなタイトルを付けてきたらボツです!

まぁこれには意味があるのですが…。

とはいえ、11月ということで

走り抜けたような10月を振り返らねばと思います。

10月の頭は、なんといっても関西御苗場。

9月末に萩市で開催した3回目となる”着物WEEK IN 萩”というイベントを

7000人もの来場者で成功に導き、萩市の方々と共に酔ったその興奮を

ひきづったままの関西御苗場入りでした。

関西御苗場では、将来が楽しみな”未来の写真家”候補とたくさん会ってきました。

その作品と人となりは、次号のPHaT PHOTO本誌で力を込めて紹介します。

(PHaT PHOTOは「作品を紹介したい!」、「写真家として注目されたい!」という読者を

バックアップするための雑誌として、今号よりその志向性をさらに強めています)

そんなPHaT PHOTOも10月20日に8周年を向かえ、新装新たな記念号も出しました。

8周年にひっかけて付録にした鉢巻は、

創業1901年、京都の老舗の「宮井」さんに作っていただきました。大感謝です!!!

また、屋久島にも行きました。

(この話は写真家日記に書きます)

その間、総合写真展の表彰式に出席。東京都美術館にテラウチ作品も展示しました。

また、北大の写真展にも出展。

そして、後半は”フォトジェニックポイントin能登”に!

(この話も写真家日記で!)

新聞の全面広告の撮影もやりました。東京工芸大学で講義もしました。

青山芸術祭の特別審査員ということでセルリアンタワーで開かれた表彰式で

入賞者発表のプレゼンテーターもやりました。

通常の撮影もいっぱいしました。

福島の銘菓、「お菓子の酒井さん」のクリスマスカタログの撮影をしたのも10月です。

そして、明日から

しばらく海外ロケに出ます。

しばらくメールの返答不能になります。

2008年はこのままこの勢いで駆け抜ける所存です。

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01