2008年12月アーカイブ

12月23日は天皇誕生日でお休みですが、我々は例年出社し、

今年1年の大掃除を行います。

今年も慣例とおり出社し、全員で朝から大掃除を行いました。

昼は全員で食事をし、午後はまた大掃除に立ち向かいます。

そして、夕方から納会を行い、少し早いのですが今年1年を納めます。

今年は我々にとって素晴らしい1年だったと思います。

我々の来年のテーマは、

”写真業界を、写真ファンを、ワクワクさせる我々でいよう!!!”というもの。

これに向けて、心一つにし再びチャレンジャーになります。

来年は難関を突破した新卒3名が入社します。

本当に超難関を突破した優秀な3名に社員全員期待大です。

(年が明けると2010年度の新卒募集も開始しますので、卒業予定の皆様、ぜひ会社訪問してください)

そんな新卒3名を加えて、つい先日、忘年会を行いました。

OBも来てくれて盛り上がったのですが、

電車の都合で先に帰った数名を除き、集合写真を撮りました。

相変わらず馬鹿な我々ですが、馬鹿な我々だからこそできる数々の取り組みを

来年も無謀に挑む所存です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

今年1年、ありがとうございました。感謝です。

皆様にとって2009年が素晴らしいとしになりますことを!!!

したの写真がそのときの写真。

逆立ちをした○○をマトリックスデフェンスで、すばやくよけているスタッフがさすがです。

WEB用.jpg

 

ホノルルマラソン完走して日本に戻りました。

(マラソンのことは写真家日記に書きました)

そして、帰ってきたら、新しい『PHaT PHOTO』が机の上にありました。

タヒチのカレンダー付き、です。

「ファットフォトが期待する写真家の原石20人」

これが今号の特集タイトルです。

写真をやっている人なら興味津々ですね。

「関西御苗場」で見つけた新人も写真と共に数多く紹介しています。

(来年は、PIEでもこの御苗場を開催します)

香里奈が表紙、間もなく本屋さんに並びます!

 乞う、ご期待!!!

カメラ雑誌13誌合同のフォトコンテストが開催される。

選ばれると13誌にすべて掲載されるというから

ちょっとオールスター戦のような夢のフォトコンテスト。

『PHaTPHOTO』もこのコンテストに協賛しているので

先日、告知ポスターが編集部に届いた。

見れば、告知ポスターの下に2段になって写真雑誌が紹介されている。

『PHaTPHOTO』は上段中央に、いま書店で販売されている妻夫木聡表紙の

Reborn To Run号が紹介されていて、とても目立ついいポジション。

嬉しくなる。まるで、学芸会の子どもの位置に喜ぶ母のような気持ち。

それぞれの雑誌の特徴が書かれているのだけれど、

びっくりしたのは雑誌の値段。

13誌の内で、750円という『PHaTPHOTO』の値段は価格帯でいえば安いほうから数えて2番目。

580円が3冊あって次が『PHaTPHOTO』だから安い順で4番目。

(上はフォトコンの1260円、女子カメラの1050円、アサカメの840円といったところ)

今の号は8周年の記念ハチマキ(京都で150年続く老舗、宮井さん製作の日本手ぬぐい)

が付いているから実質一番安いじゃないかと、「うちの子が一番かわいい!」みたいな気持で

そのポスターを眺めていた。

詳細は次号の『PHaT PHOTO』で紹介しています。

ちょっと腕試しをしてみようかという人はぜひ、チャレンジを!!!

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01