2009年2月アーカイブ

「PHaT PHOTO」コンテストの予備審査を行った。

応募数が毎号ごとに増えており力作も比例して増えている。

審査終了後、「いいなぁ、この写真!」と思って作品の裏を見たら72歳と書いてあって驚く!

そうかと思えば、「センスいいなー」と見れば21歳と書いてあって、

この人化けるかも?と嬉しくなる。

「幸せ感をうまく捉えているなー」と見たら47歳。「写真を良く知っているなぁ」と見れば55歳。

「シンプルで素直につたわってくるなぁ」と見たら17歳。

「面白い写真!」とこちらも裏を見れば24歳。

新しい才能にワクワクさせられる時間だった。

みんなほんとうにいい写真撮っているなぁ。素晴らしいです!ちなみに小学生の応募もあった!!!

この後、毎回入れ替わる審査員2名を加えて、本格的審査を行う。

いずれにしても楽しみな才能が生まれていることを感じる。

「PHaT PHOTO」から素晴らしい写真家を沢山輩出したいものだ。

下の写真は、リングキューブでのテラウチマサト写真展に来てくれたPPF宮崎の面々。

撮影してくれたA氏が写っていないのが残念!

144B2430.JPG

新しい「PHaT PHOTO」はお手元にありますか?

吉高由里子表紙の号です。

テラ写での撮影で今回初めて、撮りたい人の指示を出したのが

吉高由里子です。と、この話はまたいつかにして…。

いまは、次号の企画会議大詰めといったところですが、今度の号の中にある

「プロが導くシャッターチャンスまでの心構え/料理、ウエディング、観光写真、ライヴ」の企画は

実は、宮崎ファットフォトクラブ(=以下宮崎PPF)がくれた企画でした。

それは、いまを遡ること2008年11月。

宮崎PPF主催で撮影ツアーが開かれ、招かれて出向きました。

充実した内容の濃いツアーでしたが、

そのときに撮ってくれた集合写真を後からいただきました。

その集合写真の出来が、どれもあまりに良く、

撮ってくれたのは、集合写真を撮ることも仕事の一つになっている宮崎PPFの支部長でしたが、

やっぱりプロが行う仕事は違うね!ということで、

誰もが一度は撮るはずの 観光写真やウエディング、料理、ライヴ写真について

深めた内容の記事を作ろうよ!ということで実現した企画でした。

アンケート調査でも評判良く、とても嬉しい気持ちです。

先日、宮崎PPF有志で「テラウチマサト写真展」にも足を運んでもらい

久しぶりの嬉しい再会となりました。

読者と密接に繋がっているということも、私たちが大切に思っている雑誌の特長の一つですね。

 

 

建国記念日を祝う。

午前中、軽く駒沢公園を走った!

拓郎が最後のコンサートを行うってすごい!

なんて考えながら走った。

街宣車の音が聞こえていた。

 

午後から仕事だったので大急ぎで会社に。

仕事の用意をして銀座へ。

仕事が終わって、リングキューブギャラリーに顔を出した。

休日ということもあって、リングキューブギャラリーも

賑わっていた。

リングキューブ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、いろいろなそして、意外なところに写真を展示している。

その一つが、上の写真。

リングキューブだからというわけでもないけれど

キューブ状に組んだ写真のサイコロ。

その下にも陽気なタヒチの人たちの写真を展示している。

気がついた人が笑ってくれればという趣向。お茶目な感じ。

Gristのインタビューで語ったように、ライブ感がある展示をしたい。http://blog.ricoh.co.jp/GR/archives/2009/02/grist_11.html

なので、

今日、新たに4枚写真を追加してきた。

日々、生な感じで変わっていく!

2月3日は節分でした。

あと、1ヶ月もすれば花便りが聞かれ始めるのかと思うと

寒さもちょっと愛おしくなります。

過ぎていくものになぜか愛着を感じてしまいます。

編集部は2月20日号の山を越えて、次号の準備に入ります。

ちょうど月日の変わり目に会社の名刺を一新しました。

「PHaT PHOTO」の新しいロゴに合わせてのことです。

好きな色を選ぶスタイル。

各自の好みが繁栄していて面白いです。

名刺.jpg

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01