2011年3月アーカイブ

 

月日が経つにつれ、被害の状況が大きくなっていることに

気持ちばかりが焦ります。

命を落とされ、怪我をされ、家を失い、

何もかもなくしてしまった被災地の方々のことを考えると、

ただ絶望的な気持ちになります。

心よりお見舞い申し上げますと共に、

一刻も早い災害の終息と、被災地の復興、

そして、残られた皆様のご無事をお祈りいたします。

 

非常時にも省みず、相手を敬い、他者の気持ちを理解し、譲り合いの精神で行動する日本人をリスペクトする、

と海外のメディアはいっせいに報道をしていました。

「日本は負けない、また立ち上がる!」という見解も一致しています。

 

海外のメディアが指摘したように、迷うことなく

そうあり続けたいと思います。

 

焼け野原となってしまった過去の戦争をはじめとして、

記憶に新しい阪神淡路の瓦礫の山からの見事な復興など、

日本はこれまで、幾たびもの災難にも負けることなく

そのたびに目覚しい発展を遂げてきました。

それは、並々ならぬ先達たちの努力と苦労に他ならないと思います。

この気持ちを受け取り、我々もまたその努力の為、

日常へと戻り復帰へ向けた取り組みを

行おうと決意しています。

 

また、私たち日本人がDNAとして持っていると思う、

支えあう気持ち、尊重への努力、相手を先に!という精神、

これら、幸を譲る国民性を今一度思い出し、

そのことを大切にしたいと考えています。

 

この不幸な出来事をきっかけに、

他人の不幸を自分のものと感じ、この難局を乗り切っていこうと思います。

大事なことは、他人という概念を無くすこと。

 

我々も、復興に向けての行動をスタートします。

被災者のための、日本のための、世界の見本となるような

明るい未来を提示できるモノやコトを創り出していきます。

「PHaT PHOTO」編集長      テラウチマサト

 

2011年3月11日より1週間あまりが経過しました。

時間の経緯と共に知らされる被害の大きさに言葉もありません。

東北関東大震災により被災された皆様に、

心よりお見舞い申し上げます。

 

未だ予断を許さない状況ではございますが、

一刻も早い災害の終息と、被災地の復興、そして

社員様、ご家族様・ご友人様の

ご無事を、心よりお祈りいたします。

 

テラウチマサト