2011年4月アーカイブ

忽那汐里のキュートな顔に、"新緑に吹く風"を想像させるライトグリーンの文字。

4月20日発売の「PHat PHOTO」の表紙です。

幸運が潜んでいそうに思えます。

表紙に書いてある「エロティックなアートフォト」というタイトル。

__.JPG
びっくり!かもですね。

「PHaT PHOTO」は、エロス表現にまじめに迫りました。

荒木経惟さんがタイトル文字を書いてくれたコンテンツ(上の写真)を見れば、

”さまざまな写真家が撮る欲望の形を、DNAの感じるままに、ご覧ください”、とあります。

男子、女子、エロティックな感情をアートに変える写真家たち。品よく、乞うご期待です。

 

テラ写は、忽那汐里が最高の表情をしています。

ポッキーのイメージとはまた違う大人へのステップ、一歩目。

ハクビの着物クィーン審査で一緒だったオスカープロモーションの

内海専務にも送ってしまいました。

 

そして、編集後記のひとつ前の見開きページ。

株式会社リコーさんの広告ページをご厚意でいただいた

「50人の写真家による東日本大震災による復興支援プログラム」のお知らせがあります。

50人の写真家の作品をポストカードにして、北京、ニューヨーク、ロンドン、東京4都市

(1枚200円)で販売し、全額を被災地へ寄付するというお知らせです。

東京の販売は、4月21日からは、TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHYで

http://www.tip.or.jp/

5月1日からは、銀座4丁目交差点のリングキューブギャラリーにおいて販売がスタートします。

http://www.ricoh.co.jp/dc/ringcube/index.html

現在、下記アドレスで、臨時のHPを見ることができます。

仮サイト(4月19日)ですが、ぜひご覧ください。

20日、夕刻までには、正式なサイトをオープンします。

http://www.savejapan.photocardsproject.com

 51人の写真家のポストカードを各1000枚ずつプリントしました

完売すれば1千万円の寄付ができます。

3完売を目指したいと思います。