2012年2月アーカイブ

2月20日号の編集長後記 ” ウサギにもなる、カメにもなる ” に記しましたが、

11年務めた「PHaT PHOTO」の編集長を辞め、新しい世代と交代することにしました。

ツイッターやフェースブック、そしてメールにて読者の皆さんから惜しむ声や

御苦労さまメールをいただきました。心から感謝します。

プレスリリースを3月1日付で関係各位に送付予定です。

以下、辞任に際してプレスリリースに寄せたテラウチ自身の気持ちをつづった文章を掲載します。

■編集長交代について、テラウチマサトのコメント

“ひとりでも多くの写真好きをつくる”という思いのもと、11年にわたり編集長を務めてきました。

幾分なりですが、その思いは達成できたのではと感じています。

発行元である株式会社シー・エム・エスが行う業務は、「PHaT PHOTO」に限らず、

「PHaT PHOTO」写真教室や「御苗場」、

関連企業である「TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY(T.I.P)」で行われるイベントや写真展、

ワークショップを含め、その他全ての仕事が“ひとりでも多くの写真好きをつくる”という旗印の下で行われています。

結果、その思いを受けた若い人脈が数多く育ってきました。

我々がいつの頃からか“写真に詳しい専門集団”と呼ばれるようになってきたこともその証ではないかと考えています。

今回2代目の編集長に就任した速水惟広はじめ、副編集長を務める安藤菜穂子らは、日本のみならず海外の写真文化に

精通しているスペシャリストです。写真を見ることにおいて日本を代表する2人だと思っています。

育ってきた彼ら次の世代にパイプラインを繋ぎたいと考えました。テラウチは発行人として留まりバックアップ体制を作って

参ります。どうぞ、新体制となった「PHaT PHOTO」を引き続きご支援いただきますようお願いいたします。

末尾になりましたが、11年間に渡る皆様のご協力、ご支援に心から感謝しています。ありがとうございます。

テラウチマサト

というものです。

つまり、この編集長ブログも2月29日の本日をもってテラウチが書くことは終わりにいたします。

ここ最近は、海外での撮影も増え、思うようにブログ更新もできず申し訳ありませんでした。

新しい編集長や副編集長の下、新たに生み出される「PHaTPHOTO」にご期待いただければ幸いです。

新生「PHaT PHOTO」は、海外写真家情報とカメラ器材に関して、いままで以上に強い雑誌となって

4月20日に新たにお披露目すべく、いま着々と練っているところです。

どうぞ、お楽しみに!

また、テラウチ本人は、写真家として作品を撮っていくことで皆様との接点を持っていけるよう頑張りたいと思います。

こちらに関しては、どうぞ、引き続きご指導をよろしくお願いいたします。