2010年5月アーカイブ

今年2度目のNY.。

「PHaT PHOTO」という雑誌名のせいか、海外に太いパイプが出来つつあります。

明日からのNYは、ICP,アパチャー、NYフォトフェスティバルをメインに

最新NYスポット並びにとっておきのNY撮影スポットを回ります。

楽しみだけど、19日(水)に帰って、金曜からから神戸。

土曜に神戸から戻って日曜から仙台というスケジュール。

体力勝負になりますが、結構自信のある分野ではあります。

いい写真をいっぱい撮ってまいります。

今回は、GXRとCX3とD3Sを持参します。

GXRは、28-300というP10の最新レンズユニットを試してきます。

乞うご期待!

東京都写真美術館で開催中のジャンルー・シーフ展をGW中に観てきた。

http://syabi.com/contents/exhibition/index-22.html

プリントにこだわったシーフらしいモノクロプリントは、シルバープリントの

銀塩粒子やバライタ印画紙の微妙なトーンに魅せられるもので

その日、3つの写真展と1つの絵画展をはしごした中で、いちばん滞在時間が

長く見応えのある写真展だった。

かつて、1990年。青山ベルコモンズで開かれた写真展の会場で、僕はシーフに会っている。

僕は写真家として独立する前で、シーフにいろいろ質問したかったのを覚えている。

結局聞けのは、シーフ独特の背景のトーンはライティングによるものか、

プリント技術によるものかという質問だけ。シーフは、プリントテクニックと答え

写真集にサインをしてくれた。

シーフの作品にとても大きな影響を受けているのだが、2000年に亡くなって

その3年後に、奥さんで写真家でもあるバルバラの好意とGIPさんとのご縁で

シーフのスタジオを訪問する機会があったのだけど、結局行けなかったのが

いまでも心残りである。

会場で、GIPの倉持博さんとお会いし、シーフの写真集をいろいろ見せていただいた。

それが下の写真。

当時のスーパーアイドルだった後藤久美子さんをシーフが撮った写真集を見せてもらい

僕のプロとしての初仕事は後藤久美子さんの撮影でしたと、話に花が咲いた1日でした。

16日まで開催しているけど、行って損のない写真展です。

jyanru-si-hu .jpg